» 住んでいて快適な住まいについて

新着情報

【リフォームで大人気】ペニンシュラキッチンを徹底解説

こんにちは、ゆりかです。
今回は、対面式キッチンの3種類目、「ペニンシュラキッチン」を紹介します。

ペニンシュラチッキンとは、キッチンの左右どちらかが、壁に接している対面キッチンを意味します。
キッチンのリフォームの中では、とても人気の高いキッチンです!

「ペニンシュラ」は英語で「半島」と言う意味で、カウンターが半島のように突き出ていることから
ペニンシュラキッチンと呼ばれます。

では、順番にペニンシュラキッチンのメリットとデメリットを見ていきましょう。

✓ペニンシュラキッチンのメリット

①開放感があり、家族とコミュニケーションが取りやすい
やはり、対面式キッチン一番の魅力は、その開放感と、リビング側を向いて料理ができるという点ですね。
特に小さいお子さんがいる場合は、料理をしながら様子を伺えるので、安心感があります。

②バリエーションが豊富で、どんな間取りでも設置しやすい
広いスペースを必要とするアイランドキッチンに比べ、片側が壁に設置してるペニンシュラキッチンは
LDKの幅が狭い部屋でも設置がしやすいです。
また、キッチンの前部分にカウンターを付け、カウンターキッチンにしたりと、好みに合わせて設計できる点も
魅力的です。

✓ペニンシュラキッチンのデメリット

①油ハネや水ハネが気になる
アイランドキッチンにも言えることですが、前面に壁がなくオープンになっているので、
どうしても油や水がハネてしまいます。
気なる方は、コンロ周りに油ハネガード、またシンクには水ハネ防止プレートを設置することで
防ぐことができます。

②戸棚がなく、収納が少ない
開放感がある分、頭上の吊戸棚がないので収納スペースが不足しがちになります。
食器や調理器具が多い方は、設計する際に背面の棚やワークトップ下を活用して、
収納スペースを確保するようにしましょう。

ペニンシュラチッキンの魅力は伝わりましたか??

アイランドキッチンに比べると、広いスペースを確保する必要もなく、
設計はしやすいかと思います。
開放的で実用性も兼ね備えているペニンシュラキッチンは、主婦の味方ですね。

次回は、対面式キッチンの4種類目、「I型対面キッチン」を紹介します!

➖➖➖➖➖➖➖➖
 文:ゆりか
➖➖➖➖➖➖➖➖

【料理好きに大人気】セパレートキッチンの魅力を解説します!

こんにちは、ゆりかです。

前回は、対面式キッチンの1つ「アイランドキッチン」を紹介しました!

今回は、2種類目「セパレートキッチン」を解説します
アイランドキッチンに比べると、セパレートキッチンの認知度はまだまだ低いようです。

一般的なキッチンは、コンロとシンク、まな板を置く作業台が並んでいるのに対して、
セパレートキッチンは、コンロとシンクが別になっているキッチンのことを言います。
その分、作業スペースが広く、料理がしやすいことで注目を集めています。

別名「Ⅱ型キッチン」とも呼ばれるセパレートキッチンは、
海外の豪邸のようで、とても素敵ですね。

しかし、見た目は素敵でも、キッチンで大事なのは料理のしやすいさと利便性ですよね。
ここで、セパレートキッチンのメリットとデメリットを順番に見ていきましょう。

✓セパレートキッチンのメリット

①作業動線が最小限になる
コンロとシンクが対面になっているので、横移動する必要がありません。
振り返ってすぐ次の作業ができるので、一般的なキッチンと比べて作業動線が
短くなります。

②家族とコミュニケーションが取りやすい
これは、アイランドキッチンと同じですね。壁などの遮るものがないので
家族と会話をしながら料理を作ることができます。

③作業スペースが広い
これは、セパレートキッチン一番の魅力と言えます。
コンロとシンクを分けているので、それぞれの横に広い作業スペースが確保できます。

✓セパレートキッチンのデメリット

①床に水滴がこぼれやすい
食材や調理器具をシンクからコンロに持っていく際、一度キッチン台から離れる必要があります。
そのため、シンクとコンロの間の床に水滴が落ちたり、食材を落としてしまうことがあります。

②リビングが狭くなるおそれがある
セパレートキッチンは、キッチンのスペースを広く取るので、LDKの広さが充分にない部屋では
リビングが狭く感じてしまいます。

 

この様に、デメリットもありますが、作業スペースが広く、料理がしやすいセパレートキッチンは
料理好きにとっての憧れですよね♪

これからキッチンのリフォームやマイホームを検討されている方は、是非ぜひ検討してみてください♫

次回は、対面式キッチンの3種類目、「ペニンシュラキッチン」の紹介です◎

➖➖➖➖➖➖➖➖
 文:ゆりか
➖➖➖➖➖➖➖➖

アイランドキッチンの魅力を徹底解説!

皆さんは対面キッチンをご存知ですか??
対面式キッチンとは、別名オープンキッチンとも呼ばれ、
リビングに対面する形で作業できる開放的なキッチンのことです。

ご飯を作る時や片付けの時も、家族と会話をしながら作業ができる、とても人気のキッチンです。

対面キッチンには、大きく分けて以下の5種類があります。

「アイランドキッチン」
②「セパレートキッチン」
③「ペニンシュラキッチン」
④「I型対面キッチン」
⑤「L型対面キッチン」

今回は、①「アイランドキッチン」について、詳しく見ていきましょう。

アイランドキッチンとは、名前の通り、部屋の中で島のように独立しているキッチンのことを言います。

アイランドキッチンはとても魅力的ですが、家を建てる前にはメリットだけではなく、
しっかりとデメリットも確認しておきましょう。

 

✓アイランドキッチンのメリット

①開放的
壁も仕切りもないので、リビングを見渡しながら、料理を作ることができます。

②家族が大人数でも出入りがしやすい
キッチンが独立しているので、左右どちらからでも横切ることが出来ます。
動線が丸になるため、複数人での作業も楽に行うことが出来ます。

自由にレイアウトが出来る
キッチンに収納や飾り棚を取り付けたり、正面にダイニングテーブルを置いたり
自分好みにインテリアを楽しむことが出来ます。

④家族とコミュニケーションが取りやすい
作業をしながらでも、リビング全体に目が行くので、
会話を楽しみながら料理を作ることが出来ます。

 

✓アイランドキッチンのデメリット

①散らかった印象になる
キッチン周りは、なるべく人に見られたくないですよね。
しかし、アイランドキッチンは開放的が故に、きちんと整理整頓をしておかなければ、
散らかり具合が丸見えになってしまいます。

②広い空間がないと作れない
広い空間がないと作れないのは、アイランドキッチン一番のデメリットです!
どの壁にも接していないのが特徴なので、両サイドに
通路を確保できるスペースがないと、作れません。。

③床に汚れが飛び散りやすい
キッチン周りに壁がないので、油汚れや水しぶきが
床に飛び散りやすいのもアイランドキッチンの特徴です。

 

とても魅力的で、女性に大人気のアイランドキッチンですが、
家を建てる際には、よく検討してから決めると良いですね◎

次回は、対面キッチンの2種類目、
「セパレートキッチン」を詳しく見ていきましょう。

➖➖➖➖➖➖➖➖
 文:ゆりか
➖➖➖➖➖➖➖➖

CONTACT
お問い合わせはこちら